ノウハウが必要

専門知識と営業力の必要性から年収アップにつながる

MRは製薬会社等に勤めて医薬情報について医療機関と企業の間の橋渡しをすることを役割とする職種であり、高度な医療に関する知識が要求されます。その実態は病院や薬局において自社で開発した医薬品や医療機器等の営業活動を行うのが中心であり、一般企業の営業担当者に要求される能力に加えてさらに医療の専門知識と現場のノウハウが必要となります。そのため、高い専門性の必要から給与が高いこともあ多く、年収にして600万円から1000万円を越えるようになることも珍しくありません。不景気や新規医薬品、医療機器の開発が遅れていることもあって、MRの給料を上げて売上げ促進を図る企業と下げて経費削減に動く企業とがありますが、概して転職先として給料アップにつなげやすいのがMRです。

過酷な仕事から安定した仕事への変化

MRの営業活動は企業にとって生命線であることからもともと給与は高い傾向にあり、多くの人材を抱えるのが一般的でした。そのため、医療についての専門知識や資格をもった人の就職先や転職先として広く受け入れられてきたものの、その仕事の苛酷さから生涯をかけてMRで働き続けるのは難しいという人も散見されました。そのため、MRからの転職も見据えておかなければなりませんでした。 その傾向は未だにあるものの、福利厚生の充実や労働環境の改善、医療施設の体制の変化によって負担が軽減されてきており、再度の転職を考える必要性が減少してきています。むしろ、医療関係者とMRとのしっかりとした連携による迅速な情報提供が重視されるようになっており、安定職としての地位も獲得するようになってきています。

Copyright © 2015 建築系などの求人は未経験者でも経験を積めば年収アップ All Rights Reserved. http://f-tpl.com