医療を担う仕事

医療関係の営業活動を行う仕事と傾向

MRは医療機関と製薬企業や医療機器を開発する企業における医薬品や医療機器の情報をやり取りする上で中心的な役割を果たす仕事を担ってきました。より具体的には企業の製品情報を医師等の医療関係者に提供して営業活動を行うというものであり、同時に医師等のニーズを企業に持ち帰って製品開発にフィードバックするということも行ってきています。 こういった高度な専門性を必要とする営業職という側面から仕事もハードであり、担う仕事の重大性も高いことから給料が高いという特徴があります。そのため、稼ぎたいという人に人気があるのがMRであり、医療系の仕事から転職する人も散見されてきました。しかし、その仕事の大変さから長続きせず、他の仕事に転職するMRもいるというのが特色となっています。

生涯MRとヘッドハンティングによる転職の動き

MRが製薬企業や医療機器開発企業において重要な役割を果たしていることは現代でも同じであり、日々休まず働き続けることで契約先を勝ち取り、成果報酬を受けて稼ぎをあげていく人が大勢います。その過酷さは医療関係者が心配するほどの場合すらありますが、収入を上げるためという考えや、体力のあるうちだからできることという考えでMRの仕事を担う人に事欠かないのが現状です。 その給料の高さから、生涯MRで過ごすということを考える人が多い状況は続くでしょう。一方、MRとして働いた後、転職することを前提としている人も増えてきている傾向があります。その培ってきた営業力を生かして働ける企業に転職したり、ヘッドハンティングを受けて大企業に勤める人もいます。こういった優秀な人材を別の場所で生かすヘッドハンティングの傾向もまた新しい流れとして広まってくると予想されます。

Copyright © 2015 建築系などの求人は未経験者でも経験を積めば年収アップ All Rights Reserved. http://f-tpl.com